スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
外国人の税 Tax Info for Foreigners
2007 / 11 / 16 ( Fri )
会社にお勤めの方は、そろそろ年末調整の書類が配られている頃ではないでしょうか?書類そのものも担当者から配られる説明さえもやたらとややこしいアレです。毎年やっているのに毎年きちんと書類を完成できてるかちょっとドキドキするのは私だけでしょうか?(笑)

今日は、外国人の税金についてです。

所得税は、国籍にかかわらず、日本で所得を得れば課せられます。
そして、個人に付いては、「居住者」「非居住者」という区分があります。


  • 居住者・・・(1)国内に住所を有する人 (2)現在まで引き続いて一年以上国内に居所を有する人


外国人労働者は、契約などにより日本滞在期間が1年未満であることが明らかな場合を除いて、入国した時点から居住者の区分になります。

日本に住んでいる大多数の人が、居住者にあたるわけです。

ここで、ちょっとお勉強。

所得税は、納税者が自分で所得から税額を計算し申告により税金を納める方式(確定申告)がとられています。ただし、給与所得者は給与の支払い者が計算を代行し毎月給与から税金を差し引いて納めています(源泉徴収)。この場合、1年間の所得額を仮定して源泉徴収されますので、年末に保険料に関する控除などを加味して再計算し、税金の過不足が調整されます(年末調整)。


居住者のうち、日本の国籍を有しておらず、かつ、過去10年以内において国内に住所又は居所を有していた期間の合計が5年以下である場合は「非永住者」となり、国内で支払われたり国外から送金されたもの以外の所得については、課税されません。


  • 非居住者・・・居住者以外の人


源泉分離課税の方法がとられ、原則として源泉徴収だけで手続きがすべて完了します。つまり、それ以降何の申告も調整も必要としない=年末調整もありません。

税率は原則として20%と一律です。


例えば、ある外国人が6ヶ月の雇用契約で来日したとすると、最初の6ヶ月間は非居住者の区分ですが、雇用契約が更新されることが確定した時点からは居住者の区分になります。

なお、住民税については、1月1日に住所を有する人に納税の義務があります。つまり、1月2日以降に入国した場合、入国の年は非課税です。また、非居住者も非課税です。


税金の話ってややこしいですよね。外国語で説明するとなるとさらに難題。
そんなときは、国税庁のウェブサイトに助けてもらいましょう。


and more...



応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
励みになりま~す。
スポンサーサイト
21 : 00 : 04 | お金 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
郵政民営化の影響
2007 / 10 / 11 ( Thu )
国際郵便、国際送金、海外発行カードが使えるATM と外国人には利用価値が高い郵便局ですが、10月1日の民営化以降、ウェブサイトが全て変更され、英語のページの質が低下してしまい、がっかりしています。

例えば、国際郵便。

郵便事業を受け持つ日本郵便の英語版サイトの「International Mail」をクリックすると、「Check rates and delivery days」という項目があります。
ここをクリックすると、いきなり日本語のページに飛んでしまいます。
モノを送る時、いくらかかるのか気になる人がほとんどだと思いますが、日本語がわからなければ全く理解できません。
あちこち探し回って、ようやく料金表を見つけることができました。

国際送金はもっとひどいです。

ゆうちょ銀行の英語版サイトは会社情報だけです。
サービスの内容は、全くありません。
ちなみに、日本版サイトにある国際送金に関するページは、必要な情報がしっかりと載せられています。

海外発行カードが使えるATMの情報にいたっては、サービス案内の英語ページがあるにはあるのですが、日本語のページの中に埋め込まれていて、日本語がわからない人がそこにたどりつくことはまず無理でしょう。

英語でフルにサービス内容について情報提供しているのは、日本の銀行では私の知る限り新生銀行だけなので、この点ではゆうちょ銀行はその他の銀行と何ら変わらないと言えます。
でも、そもそも民営化以前の郵便貯金のサイトでは、日本語版と同レベルの情報が英語版でも提供されていたのです。(少々見辛かったけど・・・)
なのに、わざわあれだけの情報をごっそり抜き取ってしまったということが、残念でなりません。

日本語がわかる誰かに尋ねれば済むと言えばそうなのですが、自力で情報収集ができるということは、異国で暮らしていく自信につながっていくと思うのです。

にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
20 : 25 : 26 | お金 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
外国人がクレジットカードをつくる(追加情報)
2007 / 08 / 21 ( Tue )
以前、外国人がクレジットカードの申し込み審査に通らない場合があることやそういうケースに対するアドバイスを書きましたが、先日、具体例がありましたので追加情報です。(本編はこちら

現在の勤務先での勤務年数は3年以上。年収も十分です。なのに、某大手流通企業グループのカード申込みで審査が通りませんでした。恐らく日本人であればパスしたでしょう。彼はこのカード会社に4回も申込みをしたそうで、どうしたものかと相談にきたわけです。

これが銀行系のカードを申し込んで断られたのであれば、信販系や流通系といった審査がゆるいカードを申し込むようアドバイスするのですが、断られたのが流通系。でも消費者金融系はできる限り避けたい・・・

で、同じ流通系で別のカードにトライしてみようと自宅最寄りのコンビニであるローソンが発行しているローソンパスをトライしたところ見事に審査をパス!!同じ海外出張を控えていた彼は大喜びでした。よかったよかった(^.^)

主なコンビニ発行クレジットカード


応援クリックお待ちしています!
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
20 : 57 : 59 | お金 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
セブン銀行ATMで海外発行カードが利用可能に
2007 / 07 / 11 ( Wed )
旅行や出張で日本に滞在する外国人に朗報です。

セブンイレブンにあるセブン銀行のATMで、外国で発行されたクレジットカードや「PLUS」や「Cirrus」などのマークがついた国際キャッシュカードを使って現金を引き出せるようになりました。
多言語(日本語、英語、ハングル、中国語、ポルトガル語)での案内はこちら

手数料は、MasterCard、Cirrus、Maestroのカードで引き出した場合は210円。それ以外は無料です。(カード会社で手数料がかかることがあります。)

これまでは郵便局のATMだけが利用できましたが、セブンイレブンのATM(正確にはセブン銀行の、ですね)が加わったことで、24時間好きなときに日本円を手にすることができます。
セブンイレブンがあちこちにある都会に出張で来日した忙しいビジネスパーソンにはうれしいニュースではないでしょうか。

その他の銀行もどんどん追随してほしいものです。

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
20 : 44 : 02 | お金 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サイン取引で銀行口座を開く
2007 / 03 / 29 ( Thu )
春。新生活の季節ですね。就職や引越しを機に新しく銀行の口座を開設する人も多いと思います。となると、必要になるのが印鑑。成人した日本人なら誰でも一つは持っていますが、外国人はどうする?

外国人でももちろん印鑑を作ることはできますが、彼らにとっての普通はサイン。印鑑ではなくサインで銀行口座を開くことができる銀行があります。主な都市銀行に問い合わせた結果です。


  • 三菱東京UFJ銀行: 不可

  • みずほ銀行: 可

  • 三井住友銀行: 可

  • りそな銀行: できれば印鑑にしてほしい

  • 新生銀行: 可


りそな銀行の回答は、なんとも日本的な言い回し。NOと遠まわしに言っているのでしょうが、「結局YESなの?NOなの?」思ってしまいました。(英語でコミュニケーションし外国人と接しているうちに、自分が日本的な考え方でなくなっていると思うことが時々あるのですが、これもそうかもしれません。。。)

来日直後は「印鑑?何それ?」な外国人も、長く暮らすうちに必要に迫られたり(車の所有には実印が必ず必要になります。)興味を持ったりして印鑑を作る人も出てきます。「Michael」さんなら「マイケル」とカタカナで作ったり、当て字の漢字で作ったり。漢字選びを頼まれることも結構あって、これはなかなか楽しいお仕事(?)です。

でも、銀行の取引など重要な場面で印鑑を使うのは安全でない、という考えは変わらない人が多いです。「なくしてしまうと面倒」「簡単に偽造されそう」「サインなら手にけがでもしない限り自分だけが書ける」と言います。確かに言われてみればうなずけます。彼らにとっては、いくつも口座と印鑑があり、どれがどれだかわからなくならないよう印鑑に付箋をつけているうちの母なんて、もってのほかなんでしょうね~。

応援クリック待ってます!
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
21 : 02 : 14 | お金 | トラックバック(1) | コメント(5) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。