スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
日本郵便ウェブサイト英語版の改善
2007 / 12 / 11 ( Tue )
郵政民営化に伴い郵政グループのウェブサイトがリニューアルされ英語版の質が低下してしまったと10月11日の記事で嘆きましたが、郵便事業を受け持つ日本郵便については、改善されていることに気づきました。

外国人が外国に小包を送るため、料金と所要日数を調べたいとしましょう。
改善前は、 Top > International Mail > Check rates and delivery days と進むと、日本語版に飛んでしまい、日本語がわからないとあちこち探し回らないと欲しい情報が得られませんでしたが、改善後は、英語で検索ができるようになっています!

以前どうであったかを保存していないのでこれ以外はどう改善されたかはわからないのですが、他にも良くなっているところがあるかもしれません。

ゆうちょ銀行の英語版は何も改善されていないようですが、とりあえずほっとしました。
クリスマスカードやプレゼントの時期ですね(#^.^#)

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
励みになりま~す。
スポンサーサイト
21 : 09 : 59 | モノを送る/受け取る | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クロネコヤマトの英語ウェブサイト
2007 / 08 / 24 ( Fri )
宅配便のクロネコヤマトのウェブサイトに英語版があることを発見しました。どうも今年になってからオープンしたようです。 その内容は・・・


宅配便を利用するのに必要な情報は全て含まれているのではないでしょうか。特に、送り状の書き方や不在連絡票の読み方はかゆいところに手が届く内容です。それに見やすい!Excellent!!

海外に手紙や荷物を送ることが多い外国人には、「モノを送るといえば郵便局」という人が多いし、10月にいよいよ民営化する郵便局に対抗したのかも?考えすぎ?(^_^;)

実際のところ、英語サイトを作り英語対応可能なスタッフを配置するコストに見合うだけの需要増加はないかもしれませんが、企業の姿勢と取り組みは素晴らしいことだと思います。さすがは業界最大手。

何を隠そう私はネットでいろんなものを買ってしまいしょっちゅう宅配業者さんのお世話になっているのですが、クロネコヤマトさんがお気に入りだったりします。配達員さんの接客マナーはピカイチだと思います。

 「へぇ~」と思ったら、こちらをクリック!
 にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
20 : 29 : 54 | モノを送る/受け取る | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
忘れ物が戻ってきて感動
2007 / 03 / 12 ( Mon )
「京都の市バスの車内にペーパバックを忘れてきちゃった~」と相談カウンターに人が来ました。週明けにありがち・・・ 早速、ウェブサイトに書かれている忘れ物の問合せ先に連絡してみると、ちゃんと届いていました。取りに行くか、送料着払いで受け取るかと言われ、送ってもらうことを選択。今日中に発送してくれるそうで、難なく解決。

電車やバスに忘れ物をして手元に戻ってくるのってどれぐらいの確率なんでしょう?今までに上着やらカメラやらを見つけるべく日本各地のいろんな場所にコンタクトをとってきた経験からくるものすごく大雑把な確率だと、6割ぐらいは見つかるような気がします。
彼(アメリカ人)にとっては見つかっただけじゃなく、即座に送ってくれるサービスがあるなんて super excellent!! とえらく感動していました。アメリカだと本が戻ってくることなどまずないそうです。洋書だったのが幸いしたのかもしれませんが、日本の何かをほめてもらえるとやっぱりうれしい!

その洋書はこちらのSFもの。




応援クリック待ってます!
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
20 : 34 : 49 | モノを送る/受け取る | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
驚き!韓国の郵便サービス
2007 / 03 / 06 ( Tue )
最近は首からぶらさげるタイプの社員証が多いですが、それをどこかで落としてしまった韓国人が「誰かに悪用されるかも・・・」と心配して相談にきました。
「日本で公的な身分証明書になり得るのは、運転免許証、健康保険証、パスポートや外国人登録証などなので、それほど心配しなくてもよいと思う。」と説明したのですが、会話の途中で彼の言っていることがどうもイマイチわからないのです。

彼 「2週間以上過ぎたけど、社員証が届かないから心配になってきた。」

私 「この辺りで落としたのなら親切な人が拾えば持って来てくれるかもしれないけどね。それならもうとっくに届けてくれてるんじゃない?」

彼 「郵便局が届けてくれるから、落とした場所は関係ないでしょ?」

私 「? 郵便局?? 切手代は? 拾った人が払ってくれるの?」

彼 「?? 社員証なんだから無料でしょ。」

えーーーっ?! なんと韓国ではこういった身分証明書の類を拾った人は、それをポストにそのままポイと入れれば、郵便局が無料でそこに書かれている住所に届けてくれるそうです。だから落としても50%ぐらいの確率で戻ってくるらしい。(数字はあくまで彼の感覚です。)
すごいシステム!!

でも郵便局員が悪い人だったら、届けずに盗っちゃいますよね。。。


応援クリック待ってます!
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
20 : 51 : 32 | モノを送る/受け取る | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
郵便局への再配達依頼 Request of Redelivery to Post Office
2006 / 11 / 05 ( Sun )
ウチは共働きなので、昼間に届く宅配便や書留郵便の類は、不在配達票を見て再配達をしてもらうことがほとんどです。この週末にも配達記録郵便を再配達してもらったのですが、インターネットでこれを手配する時に「おっ!」と思ったのです。

郵便局の再配達申し込みのページがアップデートされていて、入力項目に英語が加わっているのです!例えば、「郵便物お預かりのお知らせのお届け日 Date of the Redelivery Notice」というふうに。

Japanese post office updated their website and now you can see some English on a page to ask them to redeliver a mail/parcel when you receive an Undeliverable Item Notice!

「自宅」「ご近所様に配達」など項目に対する回答は相変わらず日本語だけだし、そもそも英語版サイトからリンクされていないのには、「がくっ」となりましたが、ないよりもずっとましです。というか、これは一度やってみれば使えるようになりそう。早速、周りの外国人達にトライしてもらおうと思います。

こういうちょっとしたことが、「住みよい日本 a country that is comfortable to live in 」につながるんですよね~。

郵便局は外国のクレジットカードが使えるATMもあるし、外国人的に使える!


応援クリック待ってます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中!
19 : 28 : 16 | モノを送る/受け取る | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。