スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ブラジルへの里帰りに及ぶ9・11テロの影響
2006 / 12 / 22 ( Fri )
年末年始を利用してブラジルへ数年ぶりに里帰りをする人がオフィスに立ち寄ってくれました。
地球の裏側は、話を聞けば聞くほど遠い。成田、アメリカ東海岸経由でざっと36時間。1日半の長旅です!空港までの移動や何やらもあわせると気が遠くなりそう・・・

さらに面倒なことに、同時多発テロの影響で2003年8月以降、アメリカの空港で乗り換えるだけなのにトランジットビザが必要(日本はビザ免除プログラムの対象国なので不要)になったので、事前にビザをとっておかないといけません。しかもトランジットビザをとるだけでもいちいち面接があります。

アメリカは、テロ以降、ビザ制度変更の他にも出入国者の生体情報読み取りやビザ免除者へのICパスポート要求を進めてきました。安全を考えれば仕方がないことなのかもしれませんが、圧倒的多数の旅行者は不便だなぁと思うでしょうし、中には、旅行先の候補から外したり、留学や働くのを断念した人もいるかもしれません。実際、今日立ち寄ってくれた彼は、次回はビザがいらないカナダ経由で帰る、と言っていました。

日本でもアメリカに追随する形で、生体情報を利用した入国審査制度を導入するための法改正が今年の5月にありました。新制度の導入時期はまだ決まっていませんが、一部の例外を除き全ての外国人は、入国審査で顔写真の撮影と指紋の読み取りが義務付けられることになっています。

ほんの一握りのテロリストの誤った行動が、世界のあちこちで人を不快にさせ、活発な往来を妨げているのです。悲しいことですね。


応援クリック待ってます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
海外生活・英語・外国語のランキングに参加中!
スポンサーサイト
21 : 45 : 06 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
世界遺産「高野山」の宿坊に泊まる
2006 / 12 / 21 ( Thu )
「和歌山県の高野山に行って宿坊とやらに泊まりたいんだけど、お勧めのところってある?予約もしてほしいんだけど・・・」と相談をうけました。
この辺りから高野山までは電車で2、3時間なのですが、2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録される前は全く尋ねられたことがなかったので、世界遺産のパワーを実感します。

そして、これまた世界遺産登録がきっかけだと勝手に想像しているのですが、ウェブサイトの英語版がちゃんとあります。
生まれた時から仏教徒といえど、お盆や不幸事なんかの行事以外は宗教とは無関係に暮らしているフツーの日本人としては、こういう仏教やお寺のことを尋ねられても説明する(しかも英語で!)のがちと辛いので、しっかりと説明してくれているとありがたいです。

今日、宿坊情報を求めてきた彼も、このサイトを見てから来ました。 "Temple Lodging" として宿坊のリストが載せられているのですが、どうやって予約をしたら良いか書かれていないのです。日本語版には予約フォームもあるし、各宿坊の電話番号も書かれているのに・・・ トップページに問合せ先として出ている宿坊組合に電話すれば、英語話者が出てくれるのかもしれませんが、それもはっきりと書かれていないし、ちょっと不親切。

結局、ある宿坊に電話をして予約をとったわけですが、旅館でさえも異文化な彼らにとって、寺院に泊まり精進料理を食すという宿坊宿泊はかなりワクワクする体験のようなので、山全体が荘厳な雰囲気につつまれた高野山を世界中の人々に味わってもらえるよう、もうひとがんばりしてもらいたいものです。

和歌山出身なもので、つい力が入ってしまいました。(笑)
高野山だけじゃなくて、紀伊山地の他の霊場もいいですよ~。温泉もいっぱいあるし、海の幸はすっごくおいしい!一度は行ってみてね!!


応援クリック待ってます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
海外生活・英語・外国語のランキングに参加中!
20 : 30 : 00 | 旅行、交通 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
スパイ募集広告 -intelligenceの別の意味-
2006 / 12 / 20 ( Wed )
007シリーズの最新作「007 カジノ・ロワイヤル」が上映中ですね。言わずと知れたスパイ映画ですが、英国情報局の秘密情報部 Secret Intelligence Service (SIS) がジェームズ・ボンドの所属する諜報機関です。

この英語を見てなぜ ”intelligence” ?と不思議に思い、ロングマン英英辞典で調べてみました。 intelligence には「知性」以外の意味があったのですね。知りませんでした!

intelligence

1. a)
the ability to learn, understand, and think about things
    b) a high level of this ability

2. a)
information about the secret activities of foreign governments,
         the military plans of an enemy etc

    b) a group of people or an organization that gathers this information
         for their government


英国政府はこの組織の存在を否定してきたそうですが、最近では公式ウェブサイトで職員の募集までやっているというので、覗いてみました。
特におもしろかったのは、 "myths and realities about SIS careers" 。お仕事紹介ですね。それによると、スパイさんでも結婚してOKだし産休もとれるそうです。意外と普通?!でも、友人や家族に秘密にすべきことについてトレーニングを受けるらしい・・・

ところで、ダニエル・クレイグ演じる6代目ボンドは、シリーズ発の金髪でなかなか好評のようです。関西の有名女性ラジオDJさんが、「見に行かなきゃダメ!」と大絶賛してしていました。新年の景気づけに(あるいは目の保養?)映画館へ観に行こうかなぁ~。


応援クリック待ってます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
海外生活・英語・外国語のランキングに参加中!
21 : 13 : 01 | 英語ノート | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
交通違反にまつわる英語
2006 / 12 / 18 ( Mon )
立て続けに周りの外国人が交通違反でおとがめを受けたので、年末は取り締まりも厳しいことですし、交通違反による罰金や違反点数の処罰について周知文を作りました。すると、普段、あまり使わない単語が続出。


  • 交通違反 traffic offense

  • 違反者 offender

  • 罰則 penalty

  • 行政処分 administrative penalty

  • 刑事処分 criminal penalty

  • 罰金 fine

  • 懲役 imprisonment with forced labor

  • 違反切符 ticket

  • 違反点数 penalty point

  • 免許停止  license suspension

  • 免許取り消し license revocation



  • 酒酔い運転 drunk driving

  • 酒気帯び運転 driving under the influence of alcohol

  • 無免許運転 unlicensed driving

  • 無車検運行 driving a car which hasn't passed a compulsory inspection

  • 無保険運行 driving a car which doesn't covered by a compulsory insurance

  • 速度超過 speeding

  • 駐車違反 illegal parking



  • 検察庁 public prosecutor's office

  • 裁判所に出頭する appear in court

  • 簡易裁判所 summary court

  • 略式裁判 summary proceedings

  • 公判 trial

  • ~に判決を下す sentence somebody

  • 罪を認める admit the charge

  • ~に不服がある be dissatisfied with


(どの言葉にもいくつかの言い方がありますので、私が使ったものを書き出しました。)


こうやって並べると迫力があります。怖いですね~。こんな交通違反用語集は今後使う機会がないことを願いつつ、最後はこれで終わりましょう。


  • 安全運転を心がけましょう! Drive Safely!



応援クリック待ってます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
海外生活・英語・外国語のランキングに参加中!
20 : 57 : 24 | 英語ノート | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
英語のスキー/スノーボードリゾートガイド Ski/Snowboard Guide in English
2006 / 12 / 14 ( Thu )
ウィンタースポーツシーズン到来!ということで、スキー/スノーボードリゾートガイドの英語サイトをご紹介。昨日、見つけたばかりなんですよ!


It's an excellent web-site providing detailed information on more than 550 ski/snowboard resorts in Japan. Daily snow reports updated three times per day in the season and reviews are available, too. Great!

550ヶ所以上の各リゾートの詳しい情報だけでなく、シーズン中は1日に3回も更新される積雪情報あり、レビューありとかなりの充実ぶり!!

私自身はスキーもスノーボードもさっぱりなので、「スキーに行きたいんだけど、どこがお勧め?」とか尋ねられると苦戦するのが常だったのですが(汗)、このサイトがあれば楽勝です。


応援クリック待ってます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
海外生活・英語・外国語のランキングに参加中!
07 : 00 : 51 | 娯楽 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
再入国許可
2006 / 12 / 12 ( Tue )
もう12月だ、と思っていたら早くも中旬。年末はすぐそこです。早いですね~。
ゆっくりと家族と過ごしたり旅行を楽しむため、早くも休暇に入る外国人がぽつぽつと出てくる頃ですが、日本を出国する前に忘れていはいけないのが、「再入国許可」を取得することです。これを忘れてしまうと、日本に滞在するための在留資格(ビザ)が失効してしまうので、要注意!

そもそも在留資格は日本を出国した時点で失効するのが基本なのですが、帰国や出張で一時的に日本を離れる度に、一からビザを取り直すのはあまりにも大変です。
そこで、そのような人々にあらかじめ再入国許可を取得してもらい、在留資格を失効させないで一時出国できるようにしようというのが、この再入国許可の制度です。

再入国許可には「1回限り」と「数次」の2種類があり、有効期限は3年間かその人の在留期限のうちどちらか早い方となります。
手数料は、1回限りのタイプが3000円、数次タイプが6000円です。高いですね~。
申請は、外国人登録をしている場所を管轄する地方入国管理局(各都道府県に一つはあります。)で行いますが、手続きはいたって簡単で、申請書に書くのは氏名などの他は旅行の目的、行き先、スケジュール程度だし、その場で許可されます。必要なものもパスポート、外国人登録証、手数料(実際は収入印紙)だけ。特に質問をされたりすることもなく、あっさり取得できます。
簡単にこしたことはないのですが、これだけのことに何千円もするというのはちょっと・・・
永住者であっても再入国許可が必要というのはさらにちょっと・・・・・・

日本で長く暮らしている外国人は、在留期間の更新審査が終わり、新しい証印をパスポートにもらう時に、具体的に一時出国の予定が決まっていなくても一緒に数次タイプの再入国許可を取ってしまい、何度も入管に行く手間を省く人が多いです。

そんな風に再入国許可を取っておらず、緊急に一時出国しなければならなくなった場合、空港の入管で取得することが可能です。ただし、例外的な扱いなので1回限りタイプのみになります。
実際、「身内の危篤で、明日帰国することになった。」なんてことがたまにあるんです。そんな時は、「とにかく飛行機の席を確保して、空港に向かいなさい。だいじょうぶだから。」と送り出します。

さて、今年の年末年始の私の予定は・・・
大掃除、買い出し、おせち料理作り、年始回り、で終わり。(笑)
海外なんて言いません。近場の温泉でのんびりしたい~。


応援クリック待ってます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
海外生活・英語・外国語のランキングに参加中!
21 : 28 : 34 | ビザ、外国人登録 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
国際運転免許で原付を運転する
2006 / 12 / 08 ( Fri )
1週間近くごぶさたしてしまいました・・・にもかかわらず、覗きに来て下さったみなさん、ありがとうございました!
というのも、交通違反への対応で裁判所へ付き添って行ったりして、ちょっとバタバタしていたのです。

「交通違反で裁判所へ出頭」なんて聞くと、「何事?!」とびっくりしちゃいますよね。
国際運転免許で原付に乗っていた外国人が、スピード違反取締りで引っかかってしまい、有効だと思っていた国際運転免許が実は無効であり、つまり無免許運転になってしまったのです(T_T)

私自身はゴールド免許なので罰金や違反点数に疎く、今回調べて初めてわかったのですが、30km未満のスピード違反など軽い違反では「罰金」ではなく「反則金」と言うのですね。(いわゆる青キップ) そして、無免許運転や飲酒運転などもっと重大な違反だと罰金の額が高額になるだけでなく、裁判を受けなければならないとは知りませんでした!

そもそも、彼は故意に無免許運転をしていたわけではなく、国際運転免許をとった韓国でも日本と同じように普通自動車の免許で原付を運転できるので、普通自動車用の国際運転免許で原付も運転できると思っていたのが、原付を運転するには二輪用の種類「A」の国際運転免許が必要だったのです。

でもそんなことは警察には単なる言い訳にすぎません。呼び出された日時に簡易裁判所へ出頭したわけですが、しがない田舎の簡易裁判所は建物も古く、パイプ椅子が並べられた寒~い廊下で手順もよくわからないまま数十分待たされると、外国人はもとより私までも気分はどんどん暗~く沈んでいく一方・・・

ようやく順番が回ってきたと思うと、手続きは「略式裁判」と言うだけあってえらく簡単でした。
警察官の前で違反したことに同意し、隣の部屋で検察官に「略式で進めていいね?」と言われて印鑑の代わりに拇印を押し、しばらく後に渡された紙切れに書かれた罰金をその場で支払って終了。裁判官に会うこともありませんでした。
流れ作業でどんどん罰金が徴収されていく感じ。

ちなみに彼に言い渡された罰金は、原付の無免許運転が10万円とスピード違反が1万円で11万円!!さらに、罰金などの刑事処分と違反点数の行政処分は別物なので、改めて行政処分の通知が届くそうです・・・
理由が理由なだけに気の毒としか言いようがありません。ホリデーシーズンはすぐそこだというのに・・・

そして、その日どっと疲れて職場に戻ると、なんと別の人が期限切れの国際運転免許で自動車を運転していてつかまったとの連絡が!うぅぅぅ~、なんてタイミングなのよーーっ!
一度経験しているだけに、やたらすらすらと違反制度や裁判の流れを説明できてしまうのが何だかおかしい。
いろんな質問や相談に応えているとどんどん物知りになっていくけど、この知識を自分のために使うことがありませんように~。


応援クリック待ってます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
海外生活・英語・外国語のランキングに参加中!
19 : 38 : 34 | 旅行、交通 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
入国ビザの手続き最終回~入国~
2006 / 12 / 02 ( Sat )
10月5日に始めた「入国ビザの手続き」シリーズの最終回です。
このシリーズでとりあげた人が、予定通り昨日12月1日に無事入国しましたので、上陸審査についてお話しましょう。
ここまでの流れと手続きは、シリーズ第1回からどうぞ

外国から飛行機や船が到着する空港や港には、必ず入管の審査官がいます。愛想のかけらもなくガラス張りのブースに座っている人たちですね。
日本人(+再入国許可で入国する外国人)と外国人とでは、ブースを分けていることが多いと思います。それは手続きの内容が違うからなのです。

日本人であれば帰国することは当然の権利なので、審査ではなく日本人であることを確認するだけです。再入国許可を持っている外国人も確認だけです。
審査官がジロッと見るのはパスポートの写真と照合しているからなので、ムッとしないでおきましょう。「ただいま帰りました!」とか笑顔で言ってみると、彼らの単調な作業に刺激を与えてあげられるかもしれません。(怒られても責任は持てません(笑))

一方、外国人に対しての上陸審査は、日本人のように流れ作業とはいきません。
パスポートが有効かどうか、ビザを持っているかどうか、申請された入国目的がうそでないか、日本でしようとしている活動が入管法で定められている在留資格のどれかに該当しているかどうか等が見極められます。在留資格認定証明書が発行されていれば、ここで回収されます。
そして、無事に審査をパスすると、パスポートに上陸許可の証印が受けられます。
この上陸許可の証印には与えられた在留資格と在留期間が書かれていて、これがこれから日本における合法的な滞在の根拠になります。

紛らわしいのが、海外の日本領事館等で発行されたビザは上陸許可を受けるためのものなので、上陸が許可されると用済みになることです。
でも、ビザのシールは上陸許可証印よりもずっと大きくてカラフルで立派なので、ビザの有効期限(上陸許可を受けるために使える期限)を日本滞在期限と勘違いして、「ビザが切れてる~!どうしよう!」と大あわてでやって来る人がちょこちょこいます。
ですから、既に日本にいる外国人に「あなたのビザは何?」というのは厳密に言うとおかしくて、「あなたの在留資格(status of residence)は何?」というのが正しいのですが、 visa と言う方が断然通じるので、当の入管職員でさえもそっちを使っています。よけいに正しい言い方が広まらない気がしますが・・・

さて、3ヶ月にわたって続いた手続きが終わるわけですが、最後に私が必ずすることがあります。パスポートの上陸許可証印が間違っていないかチェックすることです。
信じられないかもしれませんが、ざっくりとですが0.5%ぐらいの割合で誤った在留資格の証印が貼られたりすることがあるのです!
確かに人間誰にでも間違いはあると言いますが、法的根拠を間違うなんてやばい~。

全8回お届けしたシリーズで、外国人が日本に来るまでの手続きがなんとな~くわかってもらえればうれしいです。


応援クリック待ってます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
海外生活・英語・外国語のランキングに参加中!
21 : 44 : 28 | ビザ、外国人登録 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。