スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
新入国審査1ヶ月
2007 / 12 / 26 ( Wed )
日本に入国する外国人に顔写真と指紋の提供を義務付ける新しい入国審査が始まってから1ヶ月間の状況について、法務省から発表がありました。

来日した外国人に指紋採取と顔写真提供を義務づける新入国審査の開始から1か月以上が経過したことを受け、法務省は25日、偽造旅券で不正入国するなどの外国人95人の入国を拒否したことを明らかにした。

11月20日に始まった新入国審査で指紋採取などの対象となるのは、特別永住者、外交官などを除く16歳以上の外国人。19日までの1か月で来日した約70万人の外国人のうち、入国管理局が入国を拒否したのが95人。このうち、77人に退去命令が出され、17人が強制送還された。残り1人は警察の指名手配リストの指紋と一致したため、警察に引き渡された。

退去命令を受けた外国人の多くは、過去に強制送還され、来日できないのに、氏名や生年月日が異なる新たな旅券を取得し、入国しようとした。

指の乾燥などの理由で指紋が採取できなかった外国人は169人いた。

(2007年12月25日20時42分 読売新聞)

不法入国者の入国阻止に効果が出ているようですね。
入国管理局の思惑通りといったところでしょうか。

さらには、こんなニュースも見つけました。

米紙ワシントン・ポスト(22日付)によると、米連邦捜査局(FBI)は、指紋のほか、耳の輪郭や瞳の模様などのデータを大量に蓄積する世界最大の生体認証(バイオメトリクス)システムの構築計画を固めた。米政府は入国者から両手すべての指紋を採取する制度を今月から順次実施しており、テロ抑止や犯罪捜査に向けた個人の生体情報の収集と活用を飛躍的に広げる構えだ。

(2007年12月23日 18時25分 産経ニュース)

映画の中の世界が現実になりそうでなんだか怖いです。

応援クリックお願いしま~す。
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
ランキング参加中!
20 : 58 : 31 | ビザ、外国人登録 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<日本語能力が在留の条件に?! | ホーム | 日本郵便ウェブサイト英語版の改善>>
コメント
コメントの投稿
記事に関係のないコメントは削除させていただきます。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://japaneselife.blog49.fc2.com/tb.php/116-50cf760f
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。