スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
日本語能力が在留の条件に?!
2008 / 01 / 16 ( Wed )
長期滞在する外国人の入国や在留期間延長の審査に日本語能力を加えることについて、政府が検討に入りました。
発表した高村外務大臣は、「日本で生活する外国人にとって、日本語ができることが生活の質を高めるために大切であり、日本社会のためにも必要である。」と協議を始める理由を語ったそうです。

まだ検討に入っただけで対象者などは全くわかりませんが、もし実現することになれば、日本の入国管理制度において非常に大きな変化です。

外国人が社会保険に未加入だったり子供を就学させていない問題が背景にあるようですが、日本語ができればそのような問題が起きず、外国人が日本社会にとけこめるとは思えません。

「ここは日本だから日本語をマスターし日本のルールに従え」と言ってしまえばそれまでです。
そうではなく、言葉がわからなくても異なる文化であっても日本人と外国人が隣人として理解し合い共存していける社会を目指して、国際交流団体やボランティアの日本語教室など日本各地で多くの人が外国人を支援する活動を地道に続けています。
政府は、力を注ぎどころを考えてほしいものです。

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
ランキング参加中!
21 : 31 : 52 | ビザ、外国人登録 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<義理チョコで国際貢献! | ホーム | 新入国審査1ヶ月>>
コメント
コメントの投稿
記事に関係のないコメントは削除させていただきます。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://japaneselife.blog49.fc2.com/tb.php/117-43392d0e
多文化共生と世界の流れ
みなさまもご存知?のように 2月2日(土)午後2時からは、 第1回 国際交流と多文化共生を考える勉強会ですが、 その勉強会の準備段階でもいろいろな方と知り合え、 事務局としてもいろいろな勉強をさせていただいています。 多文化共生は、まちづくりにおいて... 加賀市や地域の国際交流を推進する・・・加賀国際交流会「たぶんかネット加賀」【2008/01/22 13:32】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。