スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
入国ビザの手続き2~流れをさらに分ける~
2006 / 10 / 06 ( Fri )
「入国ビザの手続き」シリーズ第2回です。

第1回で紹介した手続きの最初のステップは、

日本の受け入れ側が、日本国内の入国管理局に「在留資格認定証明書(Certificate of Eligibility)」の交付を申請する。

と書きました。

実のところ、この1ステップは、時間的にも内容的にも手続きの4分の3ぐらいを占めています。
なので、このステップをさらに細かくしてみましょう。


  1. ビザをとろうとしている外国人が、どの在留資格に当てはまるかを見極める。

  2. 在留資格ごとに異なる必要書類を外国人から取り寄せる。日本の受け入れ側で用意すべき書類を準備する。

  3. 申請書を作成する。外国語の書類を日本語に訳する。

  4. 入国管理局に行き、申請をする。


厳密に言うと、1の「見極める」のは入国管理局の仕事です。それもそのはず。見極めてもらうための申請ですから。
でも、見当違いな申請書と必要書類を提出しても、「これじゃだめだね。はい、やり直し。」とはね返されるだけなので、「申請する側が申請する前に見極める。」という方が現実的です。

では、在留資格の種類は何種類あるのでしょう?
答えは次回で。コムズカシイ話がしばらく続きますが、読んでくださいね!


応援クリック待ってます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中!
21 : 32 : 53 | ビザ、外国人登録 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<入国ビザの手続き3~在留資格~ | ホーム | 入国ビザの手続き1~流れ~>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2006/10/07 14:01 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿
記事に関係のないコメントは削除させていただきます。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://japaneselife.blog49.fc2.com/tb.php/29-0ccc1edc
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。