スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
入国ビザの手続き4~在留資格認定証明書の申請必要書類~
2006 / 10 / 12 ( Thu )
「入国ビザの手続き」シリーズ第4回です。

前回紹介した27の在留資格のうち、どれに当てはまるか見当がついたら、第2回のステップ2「入国管理局に在留資格認定証明書(Certificate of Eligibility)」の交付申請をするための必要書類を取り寄せる。」に進みます。

在留資格ごとに異なる書類が必要となるのですが、どの資格にも共通するものがあります。
パスポートのコピー?
いいえ。意外にもパスポートのコピーは必須ではありません。とはいえ、やむを得ない理由がなければ通常は提出します。
なぜなら、結局、日本での上陸審査で有効な旅券を求められますし、その時、在留資格認定証明書に書かれている名前やそのつづりがパスポートのそれと万が一違っていれば厄介なことになるので、在留資格認定証明書を申請する時点でパスポートのコピーを提出しておく方が確実なのです。

唯一の共通必要書類は、写真です。「4cmX3mの大きさで、申請前6ヶ月以内に撮影され、上半身無帽、無背景で鮮明なものが2枚」と規定されています。
当然、これをそっくりそのまま伝えて写真を送ってもらうわけですが、届いた写真の98%は大きすぎ。50回に1回ぐらいの割合でピッタリサイズの写真が届くので、98%という数字には自信があります!
なぜ?そんなに面倒?inchの国でcmの定規を持っていないの??
「ちょっとはさみで切ればいいだけなんだから、別にいいやん。」って声が聞こえてきそうですね。

はい、その通りです。切るぐらいちょちょいのちょいなんですが、大きいサイズということは比例して顔もでかいわけです。頭のてっぺんからあごの先まで4.1cmだったりするのです。髪の毛をカットするか、あごをちょん切るか悩んでしまうのです・・・細かい、いやきっちりしている審査官にあたり、「耳が切れているので、別の写真を提出してください。」と言われてしまったこともあります。
外国人登録の記事で紹介したような斜め45度肖像画風や満面の笑みをたたえた顔の写真が加わるので、「普通」の写真の方がめずらしく思えてきます。

もうかなり昔のことですが、「4cmX3cm」ではなく「3cmX4cm」の写真が届いたことが一度だけありました。
申請書の4cmX3cmの写真貼付枠にその写真を並べ、縦横逆の状態で貼ろうかどうしようか迷ったあげく、「3cmX3cm」に切り、正しい方向の写真を貼った申請書を提出しました。
「君、けんか売ってる?」との審査官の言葉に、「けんか売られたのは私なんですっ。」と切り返し、申請を受理してもらいました。(笑)
日頃からお世話になっていた審査官だったからこそのやりとりですが、提出した写真が電子データで保存され認定証明書に印刷されるようになった現在では、まかり通らない話です。

なお、在留資格別の在留資格認定証明書交付申請必要書類は、法務省のウェブサイトでご覧になれます。

次回は、申請書についてお伝えしますね。
このシリーズ、書き出す前に思っていたより濃い内容になってきています・・・

応援クリック待ってます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中!
01 : 15 : 28 | ビザ、外国人登録 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<入国ビザの手続き5~在留資格認定証明書の申請書~ | ホーム | 入国ビザの手続き3~在留資格~>>
コメント
コメントの投稿
記事に関係のないコメントは削除させていただきます。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://japaneselife.blog49.fc2.com/tb.php/31-c05610ab
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。