スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
再入国許可
2006 / 12 / 12 ( Tue )
もう12月だ、と思っていたら早くも中旬。年末はすぐそこです。早いですね~。
ゆっくりと家族と過ごしたり旅行を楽しむため、早くも休暇に入る外国人がぽつぽつと出てくる頃ですが、日本を出国する前に忘れていはいけないのが、「再入国許可」を取得することです。これを忘れてしまうと、日本に滞在するための在留資格(ビザ)が失効してしまうので、要注意!

そもそも在留資格は日本を出国した時点で失効するのが基本なのですが、帰国や出張で一時的に日本を離れる度に、一からビザを取り直すのはあまりにも大変です。
そこで、そのような人々にあらかじめ再入国許可を取得してもらい、在留資格を失効させないで一時出国できるようにしようというのが、この再入国許可の制度です。

再入国許可には「1回限り」と「数次」の2種類があり、有効期限は3年間かその人の在留期限のうちどちらか早い方となります。
手数料は、1回限りのタイプが3000円、数次タイプが6000円です。高いですね~。
申請は、外国人登録をしている場所を管轄する地方入国管理局(各都道府県に一つはあります。)で行いますが、手続きはいたって簡単で、申請書に書くのは氏名などの他は旅行の目的、行き先、スケジュール程度だし、その場で許可されます。必要なものもパスポート、外国人登録証、手数料(実際は収入印紙)だけ。特に質問をされたりすることもなく、あっさり取得できます。
簡単にこしたことはないのですが、これだけのことに何千円もするというのはちょっと・・・
永住者であっても再入国許可が必要というのはさらにちょっと・・・・・・

日本で長く暮らしている外国人は、在留期間の更新審査が終わり、新しい証印をパスポートにもらう時に、具体的に一時出国の予定が決まっていなくても一緒に数次タイプの再入国許可を取ってしまい、何度も入管に行く手間を省く人が多いです。

そんな風に再入国許可を取っておらず、緊急に一時出国しなければならなくなった場合、空港の入管で取得することが可能です。ただし、例外的な扱いなので1回限りタイプのみになります。
実際、「身内の危篤で、明日帰国することになった。」なんてことがたまにあるんです。そんな時は、「とにかく飛行機の席を確保して、空港に向かいなさい。だいじょうぶだから。」と送り出します。

さて、今年の年末年始の私の予定は・・・
大掃除、買い出し、おせち料理作り、年始回り、で終わり。(笑)
海外なんて言いません。近場の温泉でのんびりしたい~。


応援クリック待ってます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
海外生活・英語・外国語のランキングに参加中!
21 : 28 : 34 | ビザ、外国人登録 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<英語のスキー/スノーボードリゾートガイド Ski/Snowboard Guide in English | ホーム | 国際運転免許で原付を運転する>>
コメント
コメントの投稿
記事に関係のないコメントは削除させていただきます。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://japaneselife.blog49.fc2.com/tb.php/56-0c6811d3
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。