スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ブラジルへの里帰りに及ぶ9・11テロの影響
2006 / 12 / 22 ( Fri )
年末年始を利用してブラジルへ数年ぶりに里帰りをする人がオフィスに立ち寄ってくれました。
地球の裏側は、話を聞けば聞くほど遠い。成田、アメリカ東海岸経由でざっと36時間。1日半の長旅です!空港までの移動や何やらもあわせると気が遠くなりそう・・・

さらに面倒なことに、同時多発テロの影響で2003年8月以降、アメリカの空港で乗り換えるだけなのにトランジットビザが必要(日本はビザ免除プログラムの対象国なので不要)になったので、事前にビザをとっておかないといけません。しかもトランジットビザをとるだけでもいちいち面接があります。

アメリカは、テロ以降、ビザ制度変更の他にも出入国者の生体情報読み取りやビザ免除者へのICパスポート要求を進めてきました。安全を考えれば仕方がないことなのかもしれませんが、圧倒的多数の旅行者は不便だなぁと思うでしょうし、中には、旅行先の候補から外したり、留学や働くのを断念した人もいるかもしれません。実際、今日立ち寄ってくれた彼は、次回はビザがいらないカナダ経由で帰る、と言っていました。

日本でもアメリカに追随する形で、生体情報を利用した入国審査制度を導入するための法改正が今年の5月にありました。新制度の導入時期はまだ決まっていませんが、一部の例外を除き全ての外国人は、入国審査で顔写真の撮影と指紋の読み取りが義務付けられることになっています。

ほんの一握りのテロリストの誤った行動が、世界のあちこちで人を不快にさせ、活発な往来を妨げているのです。悲しいことですね。


応援クリック待ってます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
海外生活・英語・外国語のランキングに参加中!
21 : 45 : 06 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アメリカ英語とイギリス英語 | ホーム | 世界遺産「高野山」の宿坊に泊まる>>
コメント
コメントの投稿
記事に関係のないコメントは削除させていただきます。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://japaneselife.blog49.fc2.com/tb.php/62-18474529
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。