スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
外国の免許を日本の免許に切り替える
2007 / 02 / 02 ( Fri )
前回、日本では国際免許で運転するのに制限があると書きました。これを守らず運転すると無免許運転になり、高額な罰金が科せられてしまいます。そんなことにならないよう、日本で運転をするならできるだけ早く外国の免許を日本の免許に切り替えましょう。ではその手続きは?

切り替えには、有効な外国の運転免許を持っているだけではだめで、その免許をとった後、その国に3ヶ月以上滞在していたことが条件になります。

必要書類は、外国の運転免許証、その免許証の日本語訳、パスポートなど免許をとった国に3ヶ月以上滞在していたことを証明する資料、住民票の写しか外国人登録登録証、写真1枚、手数料(申請料:普通自動車2400円、原付1650円 交付手数料:1650円か2100円*)です。
*免許証がICカード化されている都道府県の場合
免許証の日本語訳は誰が訳してもいいというわけではなく、免許を発行した国の行政庁か領事機関(在日大使館か領事館が該当)かJAFによる翻訳と決められています。JAFだと、たいていは依頼したその日に翻訳文がもらえ、手数料は3000円です。郵送でのやり取りも可能です。(詳しくはこちら
話はそれますが、JAFは外国語版「交通の教則」の販売も行っています。英語、スペイン語、ポルトガル語、中国語、ハングルの5ヶ国語です。JAFがこんなサービスをやっているなんて、外国人と関わるようになるまで全然知りませんでした。

さて、書類が揃ったら、各都道府県の運転免許センターへ行って手続きです。
書類を提出したら、適性試験(視力検査)を受けます。
その後、知識確認(学科試験)、技能確認(技能試験)と続くのですが、この2つが免除される国が22カ国あります。アイスランド、アイルランド、イギリス、イタリア、オーストリア、オーストラリア、オランダ、カナダ、韓国、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、デンマーク、ドイツ、ニュージーランド、ノルウェー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポルトガル、ルクセンブルグです。
学科試験というと自動車学校で何時間もみっちり勉強をして挑んだ記憶がありますが、外国の免許からの切り替えは運転の知識や経験があることが前提の手続きなので、問題数はたったの10問。7問正解すれば合格です。日本語がわからなくても、英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、ペルシャ語、ロシア語が用意されています。(結構な言語数ですね!)
知識確認のサンプルを見つけました。標識の英語説明もあります!
技能試験はセンター内のコースを実際に運転します。もし不安なら免許センター内の練習所で練習ができます。料金は1回(1時間弱)7000円程度とちょっと高いですが・・・
両方合格すれば、その日のうちに日本の免許がもらえるというわけです。

ちなみに、この手続きは「外免切替」と業界(?)では略されます。こういう略語っておもしろい。


応援クリック待ってます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
海外生活・英語・外国語のランキングに参加中!
20 : 56 : 58 | 旅行、交通 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<お守りとお菓子 from トルコ | ホーム | 国際免許を持っているのに運転できない?!>>
コメント
--外免切り替え--

先日主人の外免切り替え手続きに行ってきました。
結果は…不合格。
学科の設問は多言語で用意されていますが、主人はその他の言語で英語も理解できません(恥ずかしながら)。
日本語の理解を目的としているのではなく、日本の交通ルールの理解を目的としているはずなのに…。
絵による設問ですが、設問の内容が理解できなければ絵の状況の何を問われているのか解らないのも当然ですよね?
日本語による読み上げ又は日本語の設問をローマ字表記するなどの代替案を依頼してみましたが、できないとの回答でした。
東京都では音声による質問やその他の県では通訳者の同席が許されているようなところもあるそうなんですが…。なにかいい対処方法をご存じないですか?
by: うみ * 2007/06/10 22:33 * URL [ 編集] | page top↑
--うみさんへ--

お返事が遅くなり、すみませんでした。

運転免許は警察が取り仕切っているので、融通が利かないだけでなく対応がぶっきらぼうなように思います。
(高い手数料を払っているのに!)
音声による読み上げや通訳者の同席が可能な都道府県があるのは知りませんでした。
良いことですが、逆にそういうサービスが受けられない都道府県に住んでいると不平等を感じてしまいますね。。。

ご主人が読めなくてもある程度の日本語を理解されるのでしたら、ローマ字表記は無理でも漢字に仮名を振ってもらえないか頼んでみてはいかがでしょうか?
そしてご主人にはひらがなの読みをマスターしてもらう。

妙案が浮かばなくてすみません。。。
何とか手続きがうまくいくことをお祈りしています。
by: あすくみ * 2007/06/12 21:49 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿
記事に関係のないコメントは削除させていただきます。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://japaneselife.blog49.fc2.com/tb.php/68-cb5848aa
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。