スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
無免許運転で略式裁判(再び)
2007 / 02 / 08 ( Thu )
またしても無免許運転の略式裁判に付き添ってきました。昨年の12月に続き2度目です。
有効でない国際免許で運転したという点は同じなのですが、前回の勘違いとは違い、今回は単に有効期限が切れていたので、「しょうがないね」というのが正直な感想です。

前回は地方検察庁の下の区検察庁に呼び出されたのですが、今回届いた書類に書かれていたのは地方検察庁そのものでした。
まずは要連絡とも書かれていたので電話すると、通訳は何語を希望するかと尋ねられました。「えっ?!そんなことをしてくれるんですか?」と驚くと、警察官と日本語でコミュニケーションがとれなかった場合は、外国人自身が内容をきちんと理解した上で手続きを受けられるように第三者の通訳を用意することになっているとのこと。へぇ~!そんな制度があるとは知りませんでした。公平であるべき司法の手続きですから当然といえば当然なんですけど、この日本でそういう制度が整っているのは意外でした。
通訳手配の都合上、地方検察庁の本庁に呼び出したそうです。

さて、当日になり地検に行ってみると、「調室」と書かれた小部屋がずらっと端から端まで並んでいる廊下の片隅にある待合室で待たされました。しばらくすると通訳の人が到着し、取調べ(といっても違反事実の確認だけですが)が始まりました。私は待合室で待機です。数十人の違反者でごったがえしていた区検察庁とは全然違い、待合室に座っているのは私ともう一人だけ。その人もじきに呼ばれて別の調室に入っていきました。

取調べが終わると、書類が裁判所へ回り罰金の命令が下りるまで、また同じ待合室で待たされたのですが、これが長かった。2時間弱が過ぎ12時になってもまだ呼ばれません。一旦、昼食をとろうと廊下に出ると、なんと数人の警備に囲まれお縄をつけられた方が調室から出てきたところに遭遇!!思わず隣の外国人と目で会話してしまいました。。。

昼食後すぐに呼ばれ罰金を支払い手続きは終了したのですが、罰金額は26万円!!内訳は聞いていませんが、おそらく自動車の無免許運転が20万円と30km/h超のスピード違反が6万円と思われます。事前に電話連絡した時に目安額として聞いていたので、心も財布も準備していたでしょうが、いざ現金で一括払いするとなると、「高すぎる」とぼやいておりました。
ちなみに、支払わないと刑務所で働かされるそうです。1日5千円の換算で。

松崎しげるさんも20万円支払うのでしょうね。もっとも彼にとっては痛くはない額?。
ちょうど先日「国際免許を持っているのに運転できない?!」の記事で、松崎さんがひっかかってしまった道路交通法をとりあげたところでした。彼のように、ひっそりと改正された法律を知らずに無免許運転をしてしまっている人はたくさんいるんじゃないでしょうか。。。


応援クリック待ってます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
海外生活・英語・外国語のランキングに参加中!
21 : 39 : 53 | 旅行、交通 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<好まずとも物知りに | ホーム | お守りとお菓子 from トルコ>>
コメント
コメントの投稿
記事に関係のないコメントは削除させていただきます。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://japaneselife.blog49.fc2.com/tb.php/70-c03d421c
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。