スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
世界の国から名前あれこれ
2007 / 04 / 02 ( Mon )
外国人にはミドルネームがあるというのはよく知られたことですが、世界は広い。誰もが「姓プラス名」とシンプルな日本人にはちょっとびっくりするような長い名前の人がいます。先日来日した人にフルネームを書いてもらうと、姓は1つで名は3つでした。ミドルネームが2つかと思ったのですが、3つともファーストネームだそうです。

ファーストかミドルかは別として名(given names)の部分が3つの人はヨーロッパにはたくさんいますし、4つという人も結構います。おじいちゃんおばあちゃんの名前やひいおじいちゃんひいおばあちゃんの名前が受け継がれるのでしょうが、なんと6つという人も!パスポートには5つはイニシャルで書かれていました。確かに長すぎる・・・ この人ではないのですが、フルネームを書くように言うといくつもある名前の順番が思い出せない人がいました。全然使わないと言われれば仕方ない気もしますが、思わず「君の名前やん!」とつっこみ。(笑) このような長い名前はたいていヨーロッパ人(特にフランス、オランダ、ベルギーあたり)です。

同じ欧米系でもアメリカ人やカナダ人は、ファースト1つにミドル1つというわかりやすいパターンが多いです。そして中国系の移民が多いのが北米の特徴ですが、彼らの子はジェフリーとかトーマスとか英語風の名に母国語風の名を加えて名となるケースがほとんどです。日系人も同じです。

スペイン語圏(ポルトガル語圏も同じかもしれません)は、姓が2つです。父側と母側両方の姓が子供の姓になるそうです。名が2つだったりすると、全体としてはやはり長くなります。

ロシアやブルガリアでは、女性の姓は夫の姓が変化してAで終わります形になります。(女性形?) ○○ヴが○○ヴァになるわけです。

父の名が子供の姓になるという合理的(ややこしい)パターンもあります。インド人とブルガリア人でそういう人を知っていますが、全てのインド人やブルガリア人に当てはまるわけではないようです。

今まで何とな~く頭の中にあったいろんな名前のパターンを改めて書き出してみると、おもしろいものです。みなさんの周りにいる外国人の名前はどうでしょう? アフリカなど関わる機会が少ない国もありますが、思いついたらまた書き留めたいと思います。

なお、ここに書いた傾向はあくまで私の経験からみたもので、リサーチしたわ けでもなんでもありません。あしからず・・・


応援クリック待ってます!
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
21 : 10 : 35 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<チョコレート from スイス | ホーム | サイン取引で銀行口座を開く>>
コメント
----

まさしく落語でいう、「ジュゲムジュゲムココウノスリキレ…」の世界ですね。

川か井戸に落ちたら、確実に助からないですよ。自分の名前が思い出せないというのも笑えますね。
by: かいちゃん * 2007/04/03 07:12 * URL [ 編集] | page top↑
--かいちゃんさんへ--

「ジュゲムジュゲム・・・」何となく記憶にあるものの筋が思い出せずに朝からずっと喉に物が引っかかった感じでしたが、今調べてすっきりしました!(笑)

落語を久しぶりに観たいです・・・
by: あすくみ * 2007/04/03 21:55 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿
記事に関係のないコメントは削除させていただきます。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://japaneselife.blog49.fc2.com/tb.php/82-275242cc
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。