スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
がんばれ新人さん
2007 / 04 / 18 ( Wed )
入管へ在留資格認定証明書の申請に行ってきました。(2週間前にも行ったばかりなのですが・・・)

待合には人が多いものの、座る場所もないピークは過ぎたようです。
受付でもらった番号は544番。表示されている番号を見ると、534番。 (9人待ちかぁ。やっぱりまだ普段より混んでるなぁ。30分ぐらいかかりそうだから、本でも読んでよっと。)

20分ぐらいすると4時になり、受付が終了しました。
しばらくすると、ようやく番号は540番台へ。 (ふぅ~。あともう少しね。)

ついに543番が呼ばれました。 (次だ!もう4時20分だよ。ここのイスは硬くておしりが痛くなっちゃた。)

「545番のお客様。窓口へどうぞ。」 (えっ?!545番?私、飛ばされた?!)

本を閉じ、500番台を処理している3人の審査官を観察。1人は以前からいる人。あとの2人は見覚えのない方ですが、うち1人はベテランっぽい雰囲気(年齢)。もう1人の新顔さんは若手。とここで彼らの前に表示されている呼出し番号を確認。古参は543番、ベテラン風新顔は545番、若手新顔は・・・537番  (537番?両側の2人が何件も処理する間、この人はず~っと537の次の申請書類を見ているの?それって何番?まさか私?)

「ピンポーン。546番のお客様。窓口へどうぞ。」 (ガーン。延々と時間かかってるのはやっぱり私の申請だ・・・ とほほ・・・)

ようやく呼ばれたのは4時40分。受理票を私に手渡す審査官の手がものすごくぎこちなかったのを、妙に制服がこぎれいなのを私は見逃しませんでした。賭けてもいいです。(誰に?)彼は単に転勤でここにやってきたのではなく、全くの新人審査官に間違いない!

研修も終わり現場に出始めたところなんでしょう。ベテランの何倍も時間がかかって当たり前とわかりつつも、「何でよりによって私なのよぉ。ついてないなぁ。」とブツブツ思いながら電車に乗ると、真新しい制服に身を包んだ高校1年生に遭遇。しばらくすると慣れない仕事にちょっと興奮気味の新社会人のグループが乗り込んできました。

新しい生活って緊張もするけどエキサイティングですよね。そういう新鮮な気持ちを味わえるのって一瞬だし、度々あることでもない。
電車を降りる頃には新人審査官にエールを送るいい人になっていました。(^.^)

応援クリック待ってます!
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
21 : 05 : 46 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<こいのぼり | ホーム | 日本の花 桜>>
コメント
コメントの投稿
記事に関係のないコメントは削除させていただきます。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://japaneselife.blog49.fc2.com/tb.php/85-8cf25680
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。