スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
こいのぼり
2007 / 04 / 23 ( Mon )
この春、幼稚園に入園したお子さんをもつお父さんが、幼稚園から配られた資料を説明してほしいとやって来ました。給食の献立、絵本販売のチラシに混じってその月の活動予定もあり、「こいのぼりを紙で作る」と書かれていました。

単に "craft class" で済ますこともできたのですが、 "The kids will make a Koinobori by paper. Koinobori are carp-shaped decorations and families having boys will put them up outdoors. It's a Japanese traditional event for Boy's Day on May 5th." と詳しく説明しました。
すると、 "Why carp?" と突っ込みが!(ムムっ。何でだったっけ(汗))  "Because carp is a strong fish and Parents wish for their children's healthy growth like carp. I'm not sure, though..." とうろ覚えの由来を話しました。

こういう日本の文化って知っているようで実はその知識はあやふやってことが多くて、その度これじゃいかんな~と思います。だって彼ら外国人からすれば、日本人が言ってるんだから間違いないって信じるでしょうからね。
言ったはいいが間違っていないか気になり調べてみると、Wikipedia英語版に載っていました。http://en.wikipedia.org/wiki/Koinobori
写真付でナイス!早速質問に来た彼にお知らせしました。

彼いわく「最近あちこちでこの飾りを見て何だろうな~と妻と話してたんだ。」とのこと。
日本に来てまだ半年で日本語も英語もわからない3歳の坊やは、幼稚園で先生がこいのぼりの説明をしてくれてもさっぱりわからないでしょう。でもお父さんやお母さんから教えてもらい、家族みんなで日本の文化を肌で感じてもらえるといいなぁと思いました。

応援クリック待ってます!
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
21 : 11 : 11 | 日本の文化 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<和製英語だけど通じる | ホーム | がんばれ新人さん>>
コメント
----

先日、テレビで「さざえさん」を見ていたら、波平おとうさんがこいのぼりの由来を子供たちへ説明していました。

中国には「竜門の滝」という伝説があり、この竜門の滝を鯉が登りきると竜に変身するという言い伝えがあるそうです。江戸時代の親たちが、子供に竜のように強くなってほしいという願いを込めて、こいのぼりを揚げはじめたとの説明でした。ちなみに、新人さんが一人前になるための試練を登竜門というのは、この竜門の滝の話からきているそうです。

マンガといえども、とても勉強になりました。
by: かいちゃん * 2007/05/05 06:46 * URL [ 編集] | page top↑
--かいちゃんさんへ--

こんにちは。
お返事が遅くなり、すみませんでした。

さすがは波平さん!物知りですね!
日本のマンガは世界中で大流行していますが、「サザエさん」は不朽の名作なので世界中で愛されてほしいものです。
by: あすくみ * 2007/05/07 21:39 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿
記事に関係のないコメントは削除させていただきます。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://japaneselife.blog49.fc2.com/tb.php/86-4c00075b
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。