スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
入管審査官はカタブツ?
2007 / 05 / 15 ( Tue )
日本にいる外国人は全員27ある在留資格のいずれかをもっているわけですが、その中に「短期滞在」という在留資格があります。よく「観光ビザ」と呼ばれるものです。今回のお話は、この在留資格をもつ人の在留期間更新についてです。

子供が生まれるので産後のヘルプとして国から妹さんに来てもらった人がいました。この場合も「短期滞在」の在留資格に該当します。さて無事に子供は生まれ、妹さんの90日間の在留期間満了が近づいてきましたが、外国での初めての育児です。もう少しそばで助けてほしいと更新を申請することになりました。

「短期滞在」の在留資格は、その名前のとおりそもそも短期間の滞在が前提ですので、特別な理由がなければ在留期間の更新は認められないことになっています。とはいえ、実際は今回のようにそれなりの理由があれば更新が許可されていました。

ですので単に申請の必要書類を再確認しようと入管に電話をしてみると、「去年の7月に方針が変わり、怪我をして動けないなど更新をしようとする人自身に人道的配慮が必要な場合など以外は基本的に許可しません。」ときっぱり言われびっくり。こういうことはたまにあって「勝手に方針変えないでよ~」と言いたくなります。変わったのが法律ならまだしも「方針」や「審査基準」なのでこそ~っと変わり、知らずに面食らってしまうわけです。

とにかく事情を相談にきた外国人に説明しましたが、体調面でどうしてももう少し妹に助けてもらいたいのでダメもとで申請するとのこと。入管の審査官はあまり英語ができないので、私ができるだけ丁寧に更新を希望する事情を書いたレターをつけて申請をしました。

それから2週間ほど経ち届いた審査結果は「許可」!!私は経験的にダメだろうなぁと内心思っていたので、「へぇ~。入管もやるやん(やるじゃないの)。」とちょっと堅物さんたちを見直した出来事でした。

応援クリック待ってます!
にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
20 : 51 : 30 | ビザ、外国人登録 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大相撲本場所 | ホーム | 外国語ガイドツアー>>
コメント
コメントの投稿
記事に関係のないコメントは削除させていただきます。















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://japaneselife.blog49.fc2.com/tb.php/90-89a00e7b
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。